Image

2020.12.4

お客様の健康を美味しい食事でサポートします!

2018年新卒入社 九州栄養福祉大学 食物栄養学部 食物栄養学科 卒業在津 玲那 福岡薬院タニタ食堂

私の仕事

11時のオープンに向けて調理を開始し、日替わり・週替わりなど約90食分を作ります。オープン時は、提供・接客をメインに行っています。
まだ社会人になったばかりで不慣れな上、タニタ食堂ならではのこだわりもあるので、覚えることや気を付けることが多く、大変だなと感じる事もあります。しかし「おいしい」と喜んでもらえたり、食事をしていただくことで、健康を維持するお手伝いができていると思うと、とてもやりがいを感じます。
またセミナーなどを実施し、タニタ食堂そのものや、健康に興味を持ってもらえるように取り組んでいます。わかりやすくて楽しいと感じてもらえるよう心がけています。

仕事のやりがい

お客様から、笑顔で「おいしかったよ!」「ごちそうさま!」などの声を直接聞くことができるのは、とても嬉しいし、これからも頑張ろうという気持ちになります。

また数年前に、「タニタごはんコンテスト」に参加させていただきました。レシピを考えているときはいくつもの問題に直面しましたが、上司や先輩方と一緒に何度も試作・改善を繰り返し、ようやく完成したときはとても嬉しかったですし、達成感がありました。大会当日のプレゼンテーションでは、緊張もありましたが、事前に上司からアドバイスをもらいながら練習を繰り返していたので、落ち着いて行うことができました。様々な方のサポートのおかげで最後までやり遂げることができ、九州地区優勝、全国大会にも出場できたので、良い経験となり自身の成長を実感できました。

この会社に決めた理由

管理栄養士といえば、病院というイメージが強かったのですが、大学で勉強をしていく中で「病気になってからではなく、健康な身体を維持することに関わりたい」と思うようになりました。
就活をしている際に、当社で「タニタ食堂」を運営していることを知り、健康を維持するというタニタの理念とマッチしたので、ぜひここで働きたいと思いました。
また栄養教諭の授業もとっていたりと、食育にも興味がありました。当社では塾も運営しているということで、子どもに対する食育にもつなげられる可能性を感じ、また「会社は道具だ」という言葉を聞き、当社での仕事が自分の成長にもつながるのではと思い入社を決めました。

これまでのキャリア

タニタ食堂スタッフとして2018年新卒入社

就職活動アドバイス!

就活をしている間、何度もこれでいいのかと迷っていましたが、面接を受けたりすることで、何がしたいのか、どういうところで働きたいのかなどがわかるようになってきました。悩みながらもまずは進むというのも1つの手だと思います。
また私は、合同説明会でいろいろな会社の説明を聞いているときに当社のことを知りました。管理栄養士の働く場所は限られていますが、視野を広くすることで、出会う会社もあると思います。最後まで頑張ってください!

ENTRY

アネムホールディングスでは、各ポジションで募集を行っています。 エントリーは下記からどうぞ。(応募フォームへ遷移します。)